ピープルカウントシステム

来客数を計測して 計画的な店舗運営を実現

来店客数データを時系列で集計することで、計画的な店舗運営を支援します。

 

来客数に応じた店舗スタッフのシフト計画、閉店時間の短縮など、集計データを分析することで、効率的な施策を立案することが可能になります。

来客カウンター機能 ステレオカメラ

VIVOTEK SC8131は、VIVOTEK社の3D Depth Technologyを搭載したステレオカウントカメラです。

 

人間の目と同様の双眼レンズにより、対象物の遠近を正確に把握できるため、最高98%の高精度カウントを提供します。

身長を計測することで、大人、子供を区別し、ショッピングカートやベビーカーなどの人間以外の物品も正確に判別することで、正確な人数カウントを実現します。

sc8131

視覚的でわかりやすい データ表示画面

ライブ映像画面には、カウントライン設定、カウントデータが重ねて表示されます。

 

カウントデータはグラフ化して表示されるので、結果を視覚的にとらえることができます。

グラフ表示は3種類から選択できます。

 

データを日数毎、時間帯毎に比較表示させることも可能なので分析も容易です。

vast202

棒グラフ

折れ線グラフ

円グラフ

店舗パフォーマンス向上のため、POS売上情報や天候データも集約して分析

InSight

店舗分析サービス「InSight」を利用すれば、来客カウント数だけでなく、POS売上情報、天候、スタッフ生産性、Iotデータなどを自動的に連携。

売上を構成する要素である「来店客数」「購買率」「客単価」をはじめとしたKPI(重要指標)をリアルタイムで確認、店舗のアクションにつなげることで、店舗パフォーマンスの改善を可能にします。

 

集計されたデータはリアルタイムにどのデバイスでも表示が可能です。

それぞれの分析ページには、各指標をヴィジュアライズしたチャートやメトリックが豊富です。