株式会社三宅

株式会社三宅

SOT –Security of Things – by Miyake

SoT -Security of Things-※ とは、デジタルや紙媒体を問わず、すべてのモノがセキュリティで管理され、保護される仕組みです。“身の回りのすべてのモノが守られた、安全で安心できる社会の実現”をコンセプトに、三宅はSoTを提唱します。

※意匠出願中

SoTを支えるラインナップSecurity Paper Management (SPM) solution

Security Paper

Security Paper

Security Paper(SP)を利用することで、紙媒体による情報漏えいを防止することが可能となります。 Security Paper(SP)は1枚でも検知可能ですので、ページを抜き取られ、持ち出されてもPaper Detector(PD)で検知することができます。

Paper Detector

Paper Detector

Paper Detector(PD)を利用することで、紙媒体による情報漏えいを防止することが可能となります。 Paper Detector(PD) は、Security Paper Management(SPM)システムで制御でき、追加機能として提供されるRFIDシステムと連動し、機密文書の持ち出し管理用の検出器としてご利用いただけます。

Security Note

Security Note

Security Paperを利用した情報管理用ノート。ノートの紙は一枚単体で管理されているため、ページを切り取っての不正持ち出しも防止します。

Paper Detector

Metal Detector

高性能な検出性能を持つ、金属探知機。入室時に個人別の金属量登録をすることで、SP/SNに加えて小型のUSBメモリの不正持ち出しも検出できます。

Security Note

RFID MAT antenna

薄型・高耐久性のマット型RFIDアンテナ。マット上を通過するRFIDタグ情報を検出します。読取り範囲を絞り込むことで誤検出の少ないシステムを実現します。

SPM SOLUTIONの利用シーンUSAGE SCENES

持ち出しが禁止された機密書類の漏えい防止

機密情報の記載のある会議資料

機密情報の記載のある会議資料

・使用する用紙はもちろんセキュリティペーパー。

・プリントされた資料は1部単位での管理が必要なため、専用のRFIDフォルダを利用します。

arrow
会議のための資料配布

会議のための資料配布

・会議終了後に回収する旨を伝えて配布します。

arrow
資料の不正持出の検知

資料の不正持出の検知

・故意でも過失でも、セキュリティペーパーが社外に持ち出された場合は、ペーパーディテクターで不正持出を検知し、アラートを発報します。

コールセンターでのメモによる個人情報の漏えい防止

入室時に個人ごとに金属量を測定

入室時に個人ごとに金属量を測定

・IDごとに測定し、不要な機器類の持ち込みを防ぎます。

・入室時の測定値は、退出時の検知の基準として記憶されます。

arrow
セキュリティノートで情報管理

セキュリティノートで情報管理

・センター内の業務では、手書きメモの内容も管理対象とするため、専用のノートを利用します。

arrow
金属量の変化で不正持出を防止

金属量の変化で不正持出を防止

・入室時の金属量と比較し、退出時の不正持出を検知。

・セキュリティノートの1ページや、センター内で利用される、セキュリティペーパー1枚の不正持ち出しも防止できます。

セキュリティペーパーにプリントされた文章は、紙やフォルダーにRFIDタグを付けることにより、持ち出しや返却の管理ができます。

セキュリティペーパーにプリントされた文章は、紙やフォルダーにRFIDタグを付けることにより、持ち出しや返却の管理ができます。

お問い合わせはこちらCONTACT

興味のあるジャンルにチェックをいれてください。

必須 御社名
必須 ご担当者名
必須 電話番号
必須 メールアドレス

当社のプライバシーポリシーに関する考え方は、こちらからご確認ください。


top

©株式会社三宅.All Rights Reserved.